ワクワク読書体験記

友であり、師匠である本との出会いや体験記。
大人になって改めて気づく学ぶ楽しさを日常と共に語ってみる。
新しい世界が広がる楽しさ、そして見知らぬ誰かの本との出会いのキッカケになれればいいなと思ってます。

ホッと一息

今週は仕事も忙しく慌ただしかった!

というわけで、明日こそゆっくりの時間を過ごすぞ!昨晩から決意。

決意しないとついつい眠さに負けちゃうんですよね〜。

いつもよりちょっと早めに家を出て、遠回りして外での珈琲。

皆が慌ただしく通り過ぎてく中、出勤前に珈琲を飲みながら本を読む朝、『我ながら優雅だなあ』などとご満悦(笑)。


贅沢な時間です。

バタバタしそうな時こそ意識的にこういう時間を作ることは大切なのかも!?

自分自身に心や時間の余裕作らないと、人に対して優しさや余裕もなくなっちゃうもんなあ。

こうやってボーッとする朝、密かなお気に入りの時間です。

お客さんウォッチングも好きです。

勉強してる人などを見ると、私も頑張ろう!などと刺激を受けます。単純です(笑)


ちょっぴりの贅沢!

よしっ、今日も笑顔で元気にいきますか!と心身充電完了です。

ロックとクラシックの融合

アルフィーの高見沢さん、そして女性指揮者の西本智実さんが共演するコンサートに行ってきました。

エレキギターとオーケストラの共演。

ロックとクラシック、こんなにもカッコよく融合するとは!!

行ってみて良かったです。

やはり気になることは、思い切って行動してみるもんですね。

ホワイトデーが近かったからか、高見沢さんからお客さん全員へプレゼント付きでした。

ベルサイユの薔薇の登場人物のような(笑)衣装をサラリと着こなし、粋なプレゼントをする高見沢さん、素敵でした。

アルフィー、デビュー40年ちょっとみたいです。すごいなあ。

第一線で活躍し続ける方の心遣いや己を貫くカッコよさを目撃!

そしてクラシック音楽の動と静の魅力。

異なるモノ同士の交流で生まれる面白さや新しい発見。

音楽だけでなく、人間もそうかもしれないなあ、なんて囁いてくれた素敵な音楽にありがとう。

おとこめし

侠飯と書いて『おとこめし』。


少し前に深夜ドラマをやっていたのでご存知の方もいるのでは!?

面白そうなドラマだな、と気にはなっていたのですが、縁あって私の元に漫画がやって来ました。

面白い!!

深夜アパートの前で、たまたまヤクザ同士の抗争を目撃してしまった男子大学生、なんとヤクザの組長を匿うことになってしまい同居するハメに。

そして、そのヤクザ組長の作るご飯が簡単でとても旨い!という話です。


『ヤクザの作るメシは、なぜこんなに旨くてマネしたくなるんだろう』と裏表紙に書いてありましたが、本当です!!

だって食べてみたくなって早速作ってみましたもん(笑)


男子大学生の汚い部屋に入るや否や手際良く掃除をし始め、そして冷蔵庫の残り物を使い自ら料理、そして『いただきます』をキッチリ言って食事する組長。

将来何をしたいかわからずに漠然と就職活動をして無気力に毎日を過ごす男子大学生。

この二人の会話も面白く、ハッとすることがいっぱいです。

料理上手でご飯を大切にしている組長を不思議に思い、何故なのか?と尋ねる大学生への答え。

俺たちの稼業はいつくたばるかわからん。

くたばらなくても長い懲役にいきゃあ娑婆のメシは食えない。

だからいいかげんなものは食いたくないんだ。


彼ほどではないにしても、明日が必ず来るという保証は俺にだってないハズなんだ、とハッとする男子大学生。


同じく私もハッ!!と。

当たり前のように過ごす毎日、でも決して当たり前ではなく、かけがえのない毎日、毎食なのだ!と。

3月11日を迎える今日、特に強く感じました。