ワクワク読書体験記

友であり、師匠である本との出会いや体験記。
大人になって改めて気づく学ぶ楽しさを日常と共に語ってみる。
新しい世界が広がる楽しさ、そして見知らぬ誰かの本との出会いのキッカケになれればいいなと思ってます。

いちばんしあわせなおくりもの

ちょっと早いクリスマスプレゼントをもらいました。

絵本『いちばんしあわせなおくりもの』。

忘年会でほろ酔いで帰宅した夫が、『今日、本屋さんでこんな絵本見つけた』と聞かせてくれた話で。『いい話だね〜!』と二人ほのぼのしていたら数日後にサプライズで買ってきてくれました(*^^*)

いつも仲良しの子リスさんとクマさん。

子リスさんは大好きなクマさんを喜ばせたくて、色々な贈り物を提案します。

風を感じてきっと気持ちいいと思うんだ!という自転車に対しては『もう風なら感じてるからいらないよ』

セーターに対しては『あったかいお布団があるからいらないよ』

くまさんへのプレゼントが見つからないこりすさんは、すっかり落ち込んでしまいます。

『君は喜ばせたいんだ、君は何をしたら幸せになってくれるんだい??』

そしたらくまさん、『君と一緒になーんにもしないことさ、一緒に風を感じたり、花の香りを

嗅いだり、それが幸せなんだ』と。

うん、確かに美味しいご飯を一緒に食べたり、一緒に植えた苗が花を咲かせたことを共に喜んだり、そんな時間ってとても幸せなのかも!

何気ない日常を共に楽しむ喜びや幸せに改めて気付くことが出来ました。

そしてお互いを大切に想う心、私もこんな風に時を重ねていきたいな、そう思った素敵な絵本でした。

愛と心のこもったプレゼントに感謝です。

寒いけど心はあったか。


『ありがとう』のチカラ

さて、前回のブログで書いた本、『宇宙さん(略)』を読んで。

改めて発する言葉、口ぐせの大切さを感じた。

借金を抱えた小池さんがドSの宇宙さんに命じられるままに『ありがとう、愛してる』を呟き続け宇宙との繋がりを感じたシーンに触発され(笑)私もやってみよう!と。

歩きながら、家事をしながら、心の中でブツブツと『ありがとう、愛してる』。

これがいざやってみると、いつのまにか意識が他に飛んじゃって知らぬ間に呟きが終わってる!!^ ^

だけど、呟いているうちになんだか温かく穏やかな気持ちになれるのは確かです。

自分自身に向かって言ってみたりしてもなんだないい気持ち。

『ありがとう』、言われた時も言った時も嬉しくて心があったかくなるコトバ。

さあ、どんどん呟くぞ〜!!と宣言してやる気アップさせます(^ ^)

出会いは本屋さん

先週末、友人とランチへ。彼女との出会いはその当時住んでいた最寄り駅の横にあった小さな本屋さん。もう5年ちょっと前かなあ??

出勤前の朝、電車に乗る前たまに本屋さんに寄っていた私は、丁寧に書かれた本の紹介の手書きポップを読むのが楽しみとなり、そしてそれを書いているYさんの密かなファンに。

名札をチェックして、この人がYさんであろうと目星をつけて、いざ紹介された本を購入する時思い切って話しかけてみました。ドキドキ。

それから言葉を交わすようになり、連絡先を交換してメールのやり取り、お茶を飲みに、そしていつのまにかお酒を飲みながら語り合う仲に。まさか本屋さんの店員とお客という出会いからこんなに親しくなれるなんて!

大人になってからの友達もいいもんです。

彼女とはお互い良かった本の紹介などもするのですが、その彼女からの最近オススメの本が『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』。

なかなかインパクトあるタイトルで、電車の中でカバー無しに開くにはちょっと勇気いるかも!?(笑)

だけど、内容はとても良かった!

叶えたい願いがある時、願っているのになかなか叶わないでくじけそうな時、具体的にどんな行動や口ぐせが良いか。

宇宙はエネルギーを増幅させる場で、私達の発している想いや言葉を現している。

色々な本を読んだり生きてきた中で、なんとなく私も感じていることが、とてもわかりやすく書かれていました。

宇宙さんというキャラクターで描かれているので、より宇宙という存在が身近に親しく感じられるし。

人との出会いも本との出会いも大切にしたいな。