ワクワク読書体験記

友であり、師匠である本との出会いや体験記。
大人になって改めて気づく学ぶ楽しさを日常と共に語ってみる。
新しい世界が広がる楽しさ、そして見知らぬ誰かの本との出会いのキッカケになれればいいなと思ってます。

本がお前を選んだんだ!


前回の続き、マンガ『図書館の主(あるじ)』紹介です。
書庫整理を手伝わされることになった宮本。
御子柴にポンと手渡された本、何気なくページをめくり読み始める。
その本は、『新見南吉、うた時計』
新見南吉、『ごんぎつね』の作者です。
『ごんぎつね』教科書に載っていた気がするけど、どんな話だったっけなあ?
恥ずかしながら、おぼろげな記憶の私自身を発見。
皆様は覚えてらっしゃいますか?
(というか、教科書への掲載も地域や年代でバラバラなのかな??)
はたまた、新見南吉さんの本を読んだことはありますか?
そして、物語を読んでいくにつれ自分自身と登場人物を重ねる宮本。
何故?この本が今自分のところに?
御子柴に向かって『あんた、わざとこの本を渡したのか?』という宮本の問いに対する答えが、
『お前が本を選ぶんじゃない、本がお前を選ぶんだ!』
だったのです。
図書館や本屋さんで出会って手に取ったあの本。
私が選んだんじゃなく、本が私を選んでくれたのかも!?
そう思うと、照れくさいような嬉しいような、なんともワクワクした気持ちになります。
本との出会いに愛おしさが増すような(^^♪


『うた時計』を読み終えた宮本は、走って外へ出て父に電話をかけ直します。
父さん、時計を返しに行きたいんだ、と。
そして、この児童図書館タチアオイへ通う日々が始まるのです。
この図書館で、さまざまな人や本に出会うのです。
色々な登場人物や、本の話は・・・また次回に。
これがまた、魅力的な人々、本が出てくるんです♪


面白さや熱い想いをうまくまとめられず、連載となってしまってますが(汗)、
のんびりとお付き合い頂ければ嬉しく思います。





こんな図書館あったらなあ~

いよいよ本格的な暑さです。
皆様、お身体の調子はいかがでしょうか?
こんなに暑い日は涼しい図書館やカフェなんかで、のんびりと読書はいかが?
というわけで、大好きなマンガを紹介してみたいと思います。
『図書館の主』
三十代半ばの独身サラリーマンが忘年会で悪酔いしたある年の瀬の晩、偶然明りのついている図書館を見つけて入ってみるところから物語は始まります。
そこは、児童図書館。
そして一人の図書館司書である彼がいた。
サラリーマンである宮本よりも年下であろうこの図書館司書、御子柴(みこしば)。
前髪が揃った黒髪サラサラキノコカット、黒縁眼鏡の彼は、酒臭い宮本に向かって、『失せろ、酒臭い!』とキッパリと言い放つ。
その失礼物言いにムッとした宮本は、『本を借りようと思ったんだけど、子供の本しかないんじゃ読む本ないよなあ』と。
そこで、御子柴のビシッとした一言。
『子供の本が何だ?お前は子供の向けの本をバカに出来るほど大人なのか?
ここにある本を全て読んだとでもいうのか?開いたこともない本を馬鹿にするなど愚の骨頂だな!』と。
ドキッとして謝る宮本。
同じくドキッとする私。
そして、宮本の携帯電話が鳴る。発信者は親からでなんやかんや理由をつけて出ようとしない彼。
どうやら、宮本にも何か色々抱えているモノがある模様。
そして、この不愛想で清々しいまでにハッキリしたモノ言いの図書館司書御子柴くん、彼はどんな人なのか?
そして、この児童図書館は一体どんなところ?
出だしの数ページで、見事私の心は掴まれてしまいました(#^^#)


続く






四択

いよいよ猛暑到来!

あなたがなくしたものは?

①体力

②気力

③食欲

④笑顔

朝の情報番組お天気コーナーの質問です。

関西ローカル『おはよう朝日です』のお天気コーナーでは、毎朝天気に関する四択問いかけをして視聴者にデジタル投票されるのですが、時々面白い質問が(笑)

今朝はコレで、思わず笑ってしまいました。

体力、気力の投票がそれぞれ4割近くでやはり多し。

そして気になる④笑顔、これが一番重症な気が!!^ ^

昨日ラジオのDJの方も話していたんですが、『暑いとついつい眉間にシワがよりがちになってしまうことも。だから、ちょっとだけ意識して口角上げていきましょうね!』と。


笑顔、なくしてはならぬ。

守っていこう!

あちーっ!と、汗を拭き拭き歩きながら思う朝でした。(*^_^*)


暑い1日ですが、皆様も笑顔でありますように。