ワクワク読書体験記

友であり、師匠である本との出会いや体験記。
大人になって改めて気づく学ぶ楽しさを日常と共に語ってみる。
新しい世界が広がる楽しさ、そして見知らぬ誰かの本との出会いのキッカケになれればいいなと思ってます。

父からのプレゼント

2月1日は父の命日。

いつも父が晩酌していた焼酎霧島をお供して一緒に飲みました。


あれから9年、その間、父と同じ『霧島』が好きな人と出会い、家族になり、思い出話を聞いてくれながら、今一緒に乾杯してくれている。

父とも一緒に飲んでもらいたかったなあという寂しさ、そして彼の優しさやあたたかさ、色々なことをしみじみ感じた夜。


父とのわかれ、あの時も色々なことを教わりました。

家族や親戚、同僚や友人のあたたかい気持ちが本当に嬉しくありがたかった。

哀しみに寄り添うということを知った。

心の中に生き続ける、ということも知った。

産まれた時からずっと、大きな愛に包まれていたことに改めて気付き、私は本当に幸せ者だと思った。

優しさや思いやりの心を忘れないよう、毎日を大切に生きていこう!

私が色んなことに気づけたのは、きっと父からの大きな大きなプレゼント、そう思います。

ありがとう。