ワクワク読書体験記

友であり、師匠である本との出会いや体験記。
大人になって改めて気づく学ぶ楽しさを日常と共に語ってみる。
新しい世界が広がる楽しさ、そして見知らぬ誰かの本との出会いのキッカケになれればいいなと思ってます。

本がお前を選んだんだ!


前回の続き、マンガ『図書館の主(あるじ)』紹介です。
書庫整理を手伝わされることになった宮本。
御子柴にポンと手渡された本、何気なくページをめくり読み始める。
その本は、『新見南吉、うた時計』
新見南吉、『ごんぎつね』の作者です。
『ごんぎつね』教科書に載っていた気がするけど、どんな話だったっけなあ?
恥ずかしながら、おぼろげな記憶の私自身を発見。
皆様は覚えてらっしゃいますか?
(というか、教科書への掲載も地域や年代でバラバラなのかな??)
はたまた、新見南吉さんの本を読んだことはありますか?
そして、物語を読んでいくにつれ自分自身と登場人物を重ねる宮本。
何故?この本が今自分のところに?
御子柴に向かって『あんた、わざとこの本を渡したのか?』という宮本の問いに対する答えが、
『お前が本を選ぶんじゃない、本がお前を選ぶんだ!』
だったのです。
図書館や本屋さんで出会って手に取ったあの本。
私が選んだんじゃなく、本が私を選んでくれたのかも!?
そう思うと、照れくさいような嬉しいような、なんともワクワクした気持ちになります。
本との出会いに愛おしさが増すような(^^♪


『うた時計』を読み終えた宮本は、走って外へ出て父に電話をかけ直します。
父さん、時計を返しに行きたいんだ、と。
そして、この児童図書館タチアオイへ通う日々が始まるのです。
この図書館で、さまざまな人や本に出会うのです。
色々な登場人物や、本の話は・・・また次回に。
これがまた、魅力的な人々、本が出てくるんです♪


面白さや熱い想いをうまくまとめられず、連載となってしまってますが(汗)、
のんびりとお付き合い頂ければ嬉しく思います。