ワクワク読書体験記

友であり、師匠である本との出会いや体験記。
大人になって改めて気づく学ぶ楽しさを日常と共に語ってみる。
新しい世界が広がる楽しさ、そして見知らぬ誰かの本との出会いのキッカケになれればいいなと思ってます。

人と出会い、本と出会う

『図書館の主(あるじ)』第三弾。
今回は、登場人物のご紹介を。
まず、図書館司書である御子柴くんの同僚、二人。


空手が得意な元女性自衛隊員、夏夜。
宮本に恋心を抱き始めるおっとり癒し系のみずほ。
そして、この私設児童図書館タチアオイの女性オーナーである大企業会長。
それから、この図書館に通う子供たち。
その子供達のお父さん、お母さん。
本屋さんで働きながら、絵本作家を目指す青年。
この図書館での人との出会い、本との出会いで、皆ほんのちょっと背中を押してもらったり、勇気をもらったり。
いじめっ子といじめられっ子だった関係の子供達が、一冊の本をキッカケに仲良くなって、本を好きなる。
なんだかいいなあ、とあたたかい気持ちになります。
その一冊の本というのは『宝島』。


読んでことなかった私は、思わず読んでしまいました。
こんな風に、ココに紹介される物語をとても読んでみたくなるのです。
この本の感想はまたの機会に♪
という感じで、私もこの図書館で、様々な人や物語と出会っていくのです。
ホントにこの漫画『図書館の主』に出てくる物語を、読んでみたくなっちゃうんです。
恐るべしっ(笑)