ワクワク読書体験記

友であり、師匠である本との出会いや体験記。
大人になって改めて気づく学ぶ楽しさを日常と共に語ってみる。
新しい世界が広がる楽しさ、そして見知らぬ誰かの本との出会いのキッカケになれればいいなと思ってます。

梅仕事

この前の週末は、湿気も少なく爽やかなお天気。

スーパーには梅が山積み!

よしっ、この週末はやるぞ!とせっせと梅を買い込んで。

梅酒、梅シロップ、そして梅干しを仕込みました。

『梅仕事』という言葉があるそうで、最近母に聞いて知りました。素敵な言葉ですね。

憧れだった梅仕事、結婚してからやり始めたので今年で三年目。

並ぶ瓶達を思わずパシャリ

瓶詰めの果実酒や保存食って、見ているだけでなんだか満たされた気分になるのは何故だろう?

物語で読んだ『地下室の貯蔵庫』にはかなり憧れます。

この週末は梅仕事をした!という私の報告に、『TORIもそんな歳になったのねえ』とニヤリと言う母。

そう、母のおかげで私も大人になったのです。

色々作ってくれていた母の愛を感じ、そんな風になりたいなと思い。

母の背中を追いかけています^ ^

梅雨だし、祝日もないしなあ、なんて思っていた6月に。

食いしん坊夫婦で、梅やらっきょうを漬けるという季節の行事が出来ました。

手作りしてみると、熟成という過程がよくわかり面白い!!

これが熟成ってヤツかあ、と頷きながらの味見

もこれまた楽しいです。