ワクワク読書体験記

友であり、師匠である本との出会いや体験記。
大人になって改めて気づく学ぶ楽しさを日常と共に語ってみる。
新しい世界が広がる楽しさ、そして見知らぬ誰かの本との出会いのキッカケになれればいいなと思ってます。

おとこめし

侠飯と書いて『おとこめし』。


少し前に深夜ドラマをやっていたのでご存知の方もいるのでは!?

面白そうなドラマだな、と気にはなっていたのですが、縁あって私の元に漫画がやって来ました。

面白い!!

深夜アパートの前で、たまたまヤクザ同士の抗争を目撃してしまった男子大学生、なんとヤクザの組長を匿うことになってしまい同居するハメに。

そして、そのヤクザ組長の作るご飯が簡単でとても旨い!という話です。


『ヤクザの作るメシは、なぜこんなに旨くてマネしたくなるんだろう』と裏表紙に書いてありましたが、本当です!!

だって食べてみたくなって早速作ってみましたもん(笑)


男子大学生の汚い部屋に入るや否や手際良く掃除をし始め、そして冷蔵庫の残り物を使い自ら料理、そして『いただきます』をキッチリ言って食事する組長。

将来何をしたいかわからずに漠然と就職活動をして無気力に毎日を過ごす男子大学生。

この二人の会話も面白く、ハッとすることがいっぱいです。

料理上手でご飯を大切にしている組長を不思議に思い、何故なのか?と尋ねる大学生への答え。

俺たちの稼業はいつくたばるかわからん。

くたばらなくても長い懲役にいきゃあ娑婆のメシは食えない。

だからいいかげんなものは食いたくないんだ。


彼ほどではないにしても、明日が必ず来るという保証は俺にだってないハズなんだ、とハッとする男子大学生。


同じく私もハッ!!と。

当たり前のように過ごす毎日、でも決して当たり前ではなく、かけがえのない毎日、毎食なのだ!と。

3月11日を迎える今日、特に強く感じました。

密かな発見

最寄駅、利用者の多い駅なので朝の通勤時はかなり人が多く、地下鉄到着時は人の波!

その改札、時々駅員さんが立って『おはようございます』と声掛けをしているのだが、大勢の人は急足無言で通り過ぎていく。

素通りされるいうのは少なからず切なさも感じるハズだろうに、にこやかに丁寧に挨拶し続ける駅員さん、すごいなあ。

敬意も込めて、人と違うことをするというちょっとした勇気も出して『おはようございます』と返した私に、『いってらっしゃいませ』という笑顔と言葉。

その後、姿を見たら必ず挨拶をするようにしているのだが、毎回『いってらっしゃいませ』の言葉がプラス。

どうやら挨拶を返した人に対する挨拶特別バージョン!?の気がする。

私の勝手な思い込みかもしれませんが(笑)なんだかちょっとした秘密を知ったような気になり嬉しい気持ちに。


果たして私は、どんな時でも笑顔で明るく挨拶出来ているだろうか??

無愛想だったり機嫌が悪い人に対しては、つられるようにぎこちない挨拶になってしまっている気がする。

そうだ!!私もどんな時でも明るく笑顔で挨拶をしてみよう!

相手や状況を気にしすぎずに、まずは笑ってみよう!

もしかしたら、一見無愛想だったり、うまく笑顔で挨拶を返せない人も心の中では明るい挨拶をされたことが嬉しく『次こそは私も!』と思っているかもしれない。

『で』と『が』

この前の週末、近所を散歩してお茶をしようと家を出る。

落ち着いた所でゆっくりお茶を飲みたい気分で出かけたハズだったのに、『安いし、まあここでいっか〜』と、とあるお店にテキトーに入ったらザワザワ、ガヤガヤ、落ち着かないっ。

居心地が悪く、急いでコーヒーを飲んで早々に退店。

ああ〜、なんかもったいなかったなあ。

ゆっくりとした時間を過ごしたかったのに!!

『ここでいい』じゃなく、『ここがいい』と考えていなかった己にハッと気付き反省。

自分でも気がつかないうちに妥協したり、ちゃんと考えずに選択してる時って、結構あるのかも!?と。

流されたり、とりあえずだったり、人に左右されたり、ちゃんと自分自身の望みがわかってなかったり、決断出来てなかったり、そんな自分もいることにふと気付きました。


◯◯が欲しい、◯◯がしたい!

『で』ではなく、『が』。

たった一文字違いなのに随分変わるな。

『私、何を望んでる?』日常の中、時々立ち止まってみよう!と改めて思いました。

モノや情報が溢れている今、もしかしたら何かを選ぶということは難しいのかもしれない。

だけど、自分自身の好きなこと、望んでいることがハッキリしてる人になりたい。

だってそんな人ってやっぱりカッコいいですもんね!


色々なことにハッと気付かせてくれた一杯の珈琲に感謝!